ホーム>微型電脳書体中国語

微型電脳書体中国語

画面表示シーンに最適な中国語ビットマップフォントシステム

日本と中国、もともとは同じ漢字でありながら歴史の違いで、筆順や画数の違いが生じて筆形も異なる構成をしています。
これらの違いを十分に理解のできるタイポフェイスデザイナーが「正しい字形」でバランスのとれた見やすい中国簡体字フォントの制作をします。
これらのフォントは、大手メーカーの電子辞書「日中・中日辞典(小学館)」に採用されるなど「正確さと読みやすさ」や柔軟な対応では、すでに定評のあるところです。
また、多様化する表示ディバイスにも、さまざまなサイズで対応できますので是非ご利用下さい。

認定フォント規制について

中国電子技術標準化推進機関により、PDA・携帯電話・電子辞典、PC-OS・ドットインパクトプリンターなど『中国語文字情報技術製品』は、伝統的な文化を保護することを目的として、全国情報技術標準化技術委員会の大規模文字集合規格GB18030および標準規格ビットマップフォントが義務付けられているといわれています。

一般の工業用プロセス制御機器や娯楽製品で「文字表示を目的としない製品」「文字情報のやり取りを行わない製品」での中国語表記に関しては、ビットマップフォント(ドットフォント)は規制対象外であり「正しい中国文字」であれば全く問題ありません。

「CCC認証」製品のリストが公表され、フォント規制対象製品とほぼ一致していますが、輸出手続きや中国国内販売の際に、『文字情報技術製品』として認定と認証を必要とするかどうかなど不明な点がある場合には、公正かつ厳格な審査を行っている信息处理产品标准符合性检侧中心(情報処理製品標準適合性検査センター)など認可申請先機関へ、直接お問い合わせの上確認することをお勧めします。


 

『中国語文字情報技術製品』以外の中国語表示に最適!

セレクト多言語SCREEN FONTセット

設定メニュー・ヘルプ画面などスタンドアロンタイプでの中国(簡体字・繁体字)、ハングル文字を必要な文字数だけセレクトしたフォントセットです。
リーズナブルな価格で多言語環境をご提供いたします。

ページトップへ戻る

 

中国語ビットマップフォントのご案内

世界最小の台湾向け携帯端末用フォントを開発

今回新たに開発したフォントは、日本の携帯電話では標準的に使用される11ドット・13ドット・15ドットの台湾Big5規格3書体で、繁体字のため画数が多く小サイズのドットフォントは困難とされていたBig5仕様に、携帯電話での注音入力のために必要な韻母追加記号22字を加えた13,545文字セットを制作。
台湾繁体字での携帯端末表示用ビットマップフォント(ドットフォント)のOEM提供を可能としました。
すでに大手メーカーへのOEM実績のある大陸用GB13000(Unicode)繁体字とは画数や筆順などから構造的に筆形が異なり、漢字文化の伝統を引き継いだ台湾ユーザーにとって受け入れ易いBig5字形を採用。

手軽に使える中国語ドットフォント(Chinese Dot Font)

「工業用機械・アミューズメント機器・携帯端末」などのLCD表示から、プリンター印刷用まで、多言語ビットマップフォント(ドットフォント)を必要とするさまざまなご要望に、長年にわたり培われた文字開発の技術でお応えします。

実装表示サンプル

簡体字

簡体字(9×9・11×11・11×12・11×13・11×15・12×12・13×13・15×15)
実装イメージ一覧


多言語

多言語(日/簡/繁/韓)(9×9)
実装イメージ一覧


開発コンセプト

中国語専門の文字デザイナーが、統一感のある、組んで読みやすい多言語フォントを、現代感覚に適合した極小サイズで実現します。スクリーンフォント(8~16ドット)からプリンターフォントの高サイズまで、あらゆるサイズラインナップに即応致します。

文字セット規格について

一般のアジア漢字コード規格の中国(GB2312-80)、台湾(Big5)、日本(JISX0208)、unicodeはもとより、DOTFONT.JPで考案された日中(GB・Big5・JIS)統合体系コード「CXCode標準セット」「セレクト多言語基本セット」でのご提供も可能です。

印字サンプル一例

10DOT(9×9) 簡体字 繁体字
12DOT(11×11) 簡体字 繁体字
14DOT(13×13) 簡体字 繁体字
16DOT(15×15) 簡体字 繁体字
16DOT(15×16) 簡体字&繁体字
24DOT(22×22):ゴシック 簡体字 繁体字
24DOT(23×24):ゴシック 簡体字 繁体字
24DOT(24×24):明朝 簡体字&繁体字
24DOT(24×24):ゴシック 簡体字&繁体字

( )内の数字は、レターサイズ(実質領域)です。

対応書体について

レターサイズ 対応書体
8×8~14×14まで 角ゴシック
15×15~22×22まで 明朝/角ゴシック/丸ゴシック
24×24~64×64まで 明朝/角ゴシック/他

ドットデータファイルの構造

ドットデータファイルはドット字形データの固定長データレコードが格納されているファイルで、文字形成に必要なデータのみで構成されており、ヘッダ、文字コード、その他字形データ以外のデータは含まれていません。
なお、コードテーブル表及びドットイメージ関連資料は別途添付とします。

ライセンス内容

  • ライセンス契約による使用権のみのご提供となります。
  • ライセンス料金につきましては別途御見積いたします。用途、サイズ、文字数セット、ご予算などをお聞かせください。
DOTFONT.JPへのお問い合せお待ちしております

ページトップへ戻る